我が家にいつも1つは置いてある、パイナップル↓

FullSizeRender

パイナップルは、たまに88セントで売られたり↓

FullSizeRender


アメリカは、野菜や果物が安いので、助かります。

切ったパイナップルは、ガラスの入れ物にいれます。

FullSizeRender

どれだけ綺麗に揃えて入れられるか、毎回自己満

以前までは、プラスチックのタッパーウェアを使っていたんですが、引っ越したときにガラスのものに買い換えました↓


プラスチックのものって、ディッシュウォッシャーで何度も洗ったりするとプラスチックの部分が薄れてきたり、トマトスープの様な濃厚なスープを入れると色素沈着してしまうので、やっぱり体にもよくないのかと思い、怖くなり、Bed Bath & Beyondで購入しました↓

image

上の写真をクリックすれば、オンラインサイトに飛びます↑

調べて見たら、プラスチック容器が剥げてきたり、変形や変色してしまった場合は、危険な状態の様です。
なぜなら、有害物質が溶けてしまっているから。
特にクリームやバター等の脂肪分が沢山入っている食べ物を、プラスチック容器にいれてチンすることは、絶対に危険。脂肪分の多い食品は、温められたときに人間に毒となる化学成分を吸収しやすいんだそうです。
大人にとっては、溶け出した微量のプラスチックの影響は小さいかもしれませんが、乳幼児や小さなお子さんには大きな影響を与えてしまうかもしれません。なので、電子レンジOKなプラスチック容器でも、ガラスや陶器の食器を使って温める事をお勧めします。

コンビニ弁当のチンは、加熱時間が長くなるほど、弁当容器から食品への化合物の移行が増えるそうです。 よくコンビニのお弁当で、電子レンジで温めすぎて、容器が変形してしまったなんて事ありませんか?普通に温めるだけでしたら、微量の化学物質で済むので、人体の影響を及ぼすほどではありませんが、容器が変形したときは、弁当容器から食品への化合物の移行量がぐんと増えるそうです。

私は、それを聞いて以来、プラスチック容器にいれたまま電子レンジで加熱する事をやめました。
プラスチック容器は、一時的に保存するときだけにし、もし電子レンジでチンするときは、ガラスの容器やお皿、ボールに食べ物を移し、上にペーパータオル(日本だとキッチンペーパー)を置いて温めます。
(このやり方は、ジャスティンに教わりました)

FullSizeRender

ちなみにラップをかけたまま温めるのも、一切やめました。
レストランで食べきれなくてto go boxに入れてもらった場合も、そのまま温める事は危険です。
プラスチック容器やラップにも、たとえ"Microwave safe"(電子レンジOK)と書かれていても、私は信じられないのでやりません。
なぜなら、全く目に見えない物質が体の中に入り、蓄積され、 将来ガンになる確率が高くなるという実験結果が出ているからです。
目に見えない物質だから”大丈夫”ではなく、目に見えない物質だから、余計に気をつけなければならないと思います。
便利なものが多いですが、危険なものも散乱している世の中。
自分のためにも、家族のためにも、毎日気をつけていきたいです。 

ちなみに、HomeGoodsやTJ Maxx(ディスカウントストア)でも、ガラスのfood strageは安く売ってます↓



そしてIKEAのガラス容器は、ガラス容器の部分と蓋の部分が別々に売られているので、プラスチックの蓋の部分がダメになってしまっても、蓋部分だけ買い換える事が可能

FullSizeRender

そうそう、プラスチックの蓋の部分って、何度も開け閉めしていると、すぐ壊れちゃったりするんですよね...

FullSizeRender

IKEA、なかなかやりますね
次回買い替える時は、IKEAのガラス容器にします


LINEで読者登録ができます↓