一般的なアメリカのクリニックは、こんな感じの個室で往診をしてくれるんですが↓



患者は中央のベッドの様な所に座らされ↑、付き人は小さな椅子に座ります。

(アメリカのクリニックは、必ずプロテクトする薄い紙が、そのベッドの様な椅子上に敷かれてます。これ、日本の病院より衛生面が良いです )

ジャスティンと一緒病院に行くとき、私のバッグを持っててくれるんですが、その私のバッグを必ず床に置くんです...
いつもその件でジャスティンとは言い争いになるんですが(床にバッグを置く置かないで)、床にバッグを置くって、汚くないですか

私のブログを読んでくださってる読者さんはおわかりになると思いますが、私凄く潔癖性なんです
だったら、自分でバッグを持ってれば?って感じなんですけどね…
でも患者用のベッドの上にバッグを置くのも見た目も衛生面上も悪いので、いつもジャスティンに持ってもらっちゃうんですよね
ジャスティンも、「バッグ、持ってるよ」って言ってくれるし...

アメリカ人って、病院の床だけでなく、公共施設のフロア、最悪トイレの床に置いちゃうんですよね
アメリカのトイレのドアは隙間が空いているので、お隣さんがバッグを床に置いている場合、見えるんですよね


アメリカのトイレで"あるある"なんですが、ドアに付いているホックが壊れていて、ない場合があるので、床に置く気持ちはわかるんですけどね...
私が入ったトイレが、もしフックが壊れていた場合は、何がなんでも床に置きたくないので、絶対バッグを持って用を足します
バッグやリュックを床に置くアメリカ人の神経が、理解できません...
だって、トイレの床なんてバクテリアが沢山だし、それを家には絶対持ち込みたくないです
(以前ポストした、"室内土足から、完全土足厳禁になるまで"の関連ブログは、こちらから


所で、トイレの床にバッグを置かなくても、バッグってトイレの便器より汚いってご存知ですか?

バッグの中って、化粧品、ペットボトル、スナックやチョコレート等を入れているので、気を使っていても小さな食べカスや化粧品の粉、ハンドクリームが底に付いていたり...
バッグの中身だけではありません。
トイレのフックにバッグを引っ掛けたとしても、ドアにバクテリアが付いているので、バッグの側面って汚いんです
特に、革のバッグが要注意です。
ナイロンバッグ等の布製のバッグは、オシャレ着洗剤で洗う事ができるので防止ができますが、革は洗えないですからね...

9874fe86.jpg

トイレで付着したバクテリアが付いたバッグを手で持ち、その手で食事をして口の中に入ったり、家に帰宅後バッグをソファーやテーブルの上に置いたり...
想像しただけでも、潔癖性の私は鳥肌が立ちます

私は、普通の革のバッグやエナメルバッグは、中側と外側を1ヶ月に1度アルコールスプレーで必ず拭きます↓

image

70%のIsopropyl alcohl sprayは、いつもCostcoで購入します。
("万能アルコールスプレー"のブログは、こちらから

アルコールスプレーは刺激が少々強いので、バッグに直接スプレーするのを避け、ペーパータオルにアルコールスプレーを付けてから拭くほうが無難です。
そして持ち手の部分や、ショルダーバッグの肩に付着するストラップ部分も拭くのを忘れずに
持ち手部分やストラップは、手の汗やバクテリアが付着するので、汚いんです。
(トイレで用を足した後も、手を洗う前にバッグを持ちますからね...)


でもそのバクテリアが付着したお陰で、人間の免疫力が強くなったりするので、ある程度は人間にはバクテリアが必要なのかもしれません。
だから室内土足のアメリカの子供達って、体が強いんだろうな...なんて思ったり
でもバクテリアは家には絶対持ち込みたくないですよね、特に小さな赤ちゃんがいたりしたら...

洋服を洗うのと一緒に、バッグも綺麗に保つのが必要です。
ネイルやマツエクをする美容のメンテナンスも大切ですが、バッグも自己メンテも忘れずに


参考
"Your gross handbag is germier than a toilet"


LINEで読者登録ができます↓