週末、ジャスティンの姪が6歳の誕生日を迎えるので、彼女のギフト探し。
TJ MAXXでブラブラしてたら、マーブルの時計を見つけた〜↓



しかも$8
安い〜っと思いつつ、私のショッピングで来たんじゃなかった...

UGGのキッズ用のブーツを発見


普通に私、履けたし
アメリカのキッズ、恐ろし〜

ジャスティンのママさんには、
「ブーツが欲しいから、ブーツを買ってほしい」
と言われていたので、ブーツ限定で物色。
UGGのブーツも何種類か見て、結局6歳ぐらいの女の子はリボンとか付いているほうが良いかなと思って、こちらのブーツを購入↓


UGGとさほど値段が変わらなかったんですけどね。
もちろん、アメリカでギフトを渡すときは、ギフトレシートを受け取るのも忘れずに↓


ギフトレシートには、商品の値段が載ってないです
私はTargetで購入しましたが、セルフレジでも、近くにいるスタッフに言えば、すぐギフトレシートを出してくれます。
さすが、返品大国アメリカです
商品をあげてからでも、サイズが合わない場合なんて、しょっちゅうありますよね〜。
日本だったら、理由を聞かれたり...
日本では、返品交換するだけで、ドキドキします
アメリカなんて、よっぽどな限り理由なんて聞かれません
なんだったら、オンラインで買ったものが不良品だった場合、送り返さなくても、新しい商品を送ってくれます
凄いアバウト
でも、このおおざっぱなアメリカの対応、好きです

そしてラッピングなんて、アメリカ人はあまりしないです
アメリカ人は、器用じゃないから
(きっと当たってるでしょう...)
リボンだって、結べても綺麗に結べないし、お店のスタッフだって、日本の様にトレーニング受けないですし、何よりアメリカのお店では、日本の様に綺麗にラッピングしてくれる所なんてあるの という感じです。
こちらの人は、自分たちでラッピングしますからね〜
こんな感じで↓


紙袋を買って、ティッシュペーパーを入れるだけの簡単ラッピング。
私は、ラップして包装紙で包んで、リボンで結ぶのが好きなんですが、慣れたらこっちが簡単
数秒で出来上がり

リリー、喜んでくれるかな


LINEで読者登録ができます↓