アボカドは"森のバター"と言われてるぐらい、脂肪がたっぷりな果物。
(野菜かと思ったら、果物なんですね)

一見太りそうなアボカドですが、アボカドに含まれている脂肪分は不和脂肪酸なので、体内の血液をさらさらにしたり、コレステロールを減少させる効果があります。
またアボカドは、"食べる美容液"と呼ばれているぐらい、アンチエイジングな食べ物なんです。



我が家にも、アボカドは必ず常備。

コラーゲンの合成を促進させ、お肌のハリ•弾力を活性化する働きがあり、美白作用でシミを予防する働きがあります。
またアボカドには、ビタミンEも含まれているので、細胞の老化を防ぎ、シワを予防する働きもあります。



 
そして植物繊維が腸を活発化し、便秘を改善する作用も。
こちらは、プルーンの作用と一緒ですね(


他にも、鉄分(貧血予防)、カルシウム(骨や歯を丈夫にする)、カリウム(余分な水分を排出し、むくみを予防)を含まれているので、アンチエイジングや美容にはもってこいの果物なんです。

うちでも、よくアボカドの薄切りをだして、味ぽんやワサビ醤油でいただきます。


切ったアボカドはすぐ変色してしまうので、レモンを絞ったり、アボカドの種を側に置いておくと変色防止になるのは有名な話ですね。
もし熟し過ぎてしまった場合、私はマッシュしたアボカドに、蜂蜜、レモン汁を混ぜてペースト状にし、顔や手の甲に塗ってパックをしたりします。
エステでも使用されているアボカドパックなので、捨てては勿体ないです。

アラサーアラフォーのセンシティブなお肌、抗酸化成分を沢山含むアンチエイジングの食べ物を、積極的に毎日取り入れたいです。


LINEで読者登録できます↓