以前に、
アメリカで失敗しない家の購入① : builder選び
アメリカで失敗しない家の購入② : スタンダードはどこまで値段に含まれているか
をポストしました。
今回は、契約する前にどんな家のタイプがあるか、builderに聞く事です。
家を購入するにあたり、3種類の家のタイプがあります。


Quick Move-in タイプ:こちらは、早く引っ越ししたい人のための家のタイプです。
既に出来上がってる家を購入するので、私たちの様にキッチンやら内装をカスタムしたい人には向きません。
が、家が出来上がるまで半年、もしくは1年待たなくてはならないなんて事はないので、引越しまで時間がない人、今住んでいる家が売れてしまって、新しい場所がすぐにでも欲しい人はお勧めです。
ちなみにこちらの家のタイプは、すでにアップグレードされている部分が多いので、実際のスタンダード価格より値段が高く設定されてますが、カスタムできない分ディスカウントされてる所も多いです。


Specタイプ:セミカスタム ←こちらは私たちが契約したタイプです。
(ただし、出来上がるまで半年かかると言われました。実際は7ヶ月待ちました)
私たちの場合は、Specタイプでもまだ平地だったので、内装がカスタムできました。

f755d42a.jpg

structure(外観デザイン)は変更不可と言われましたが、ラッキーな事に私たちは必要ない部分を取り外す事ができたので、$3000セーブ出来ました(そのときのブログはこちらから
契約時のSpecの進み具合いによりますが、工事がかなり進んでしまっている場合は、内装がカスタムできません。
こちらも、builder側でStructureが決められてるので、アップグレードされている箇所が多いです。
大きなコミュニティーの場合は、希望の家のモデルでウォークインシャワーかバスタブ付きかなど、同じ家のモデルでいくつか持っている所もあるので、担当者の人に詳しく聞くといいと思います。
私たちの場合は、まだオフィシャルに売り出していないSpecを紹介してくださいました。


③カスタムタイプ:structureを含め、すべてカスタムできます。
ただし、かなり時間がかかります。(私たちのbuilderは9ヶ月〜1年と言われました)
細かく自分たちでカスタムオーダーしたい場合、こちらがオススメです。


契約前に、担当者の人に私たちの希望のSpecの場所を教えてもらって、写真撮影↓

7a6fb69b.jpg

家の契約から7ヶ月待ちましたが、今思うとあっという間でした。
ジャスティンのママさんの家で同居したのが去年の12月〜3月上旬。
そのお陰で私は6週間、年末年始に日本に一時帰国する事ができました