アリゾナの4/30までロックダウンは、5/15まで延長しましたが、今回は延長もなく、アリゾナのロックダウンはこれで解除となりました。

”Stay Home, Stay Healthy, Stay Connected”から、”Stay Healthy, Return Smarter, Return Stronger”というオーダータイトルに変わり、州知事はアリゾナ住民へ”Act responsibility”(責任ある行動を)とツイートされた割には、5/13にプール、ジム、スパがリオープン、ショッピングモールも、5/16よりリオープンされました。

*アリゾナのツーソン(フェニックスから2時間半程西側に行った所)という街は、6/8まで”Stay-at home”オーダーが延長されています。

今回のロックダウン解除によって、アリゾナ州保健サービス管理予防局(Arizona Department of Health Services Control and Preventation )から、新しいガイドラインがリリース。

・具合いが悪い症状がある場合は、”Stay-Home”。
・よく手洗いをする(”うがい”は書かれていません...)。特に、物を触ったとき。
・咳やくしゃみをするときは、腕で覆う。
・物の表面は、できるだけ消毒をする。

お店がリオープンするにあたっての、新しいガイドライン。

客側
・他のお客さんとの間は、少なくとも6フィート(約180cm)間をあける。
・顔を触らない。
・タッチレスペイメントを利用。
・お店に行った後は、ハンドサニタイザーで手を消毒。

営業する側
・従業員同士は、可能な限り距離を保つ。
・可能な場合は、マスクと手袋を着用。(マストではない...)
・手洗い用の石鹸と水、またはアルコールベースの消毒液を、従業員と客側に提供。
・テーブル、カウンター、客側に提供するペンを随時消毒。
・店内、待合室、休憩室をアレンジし、人との距離を開け、定期的にエリアを消毒。
・消毒や清掃が困難なアイテムは、客側と共有しない。
・仕事に入る直前直後は、手洗いを強化。

また、シアター、レストラン、ジム等の施設は、キャパを下げて営業する事が許可されました(人数制限のパーセンテージの指定はなし)。
シアターの席と席の間はスペースを開け、上映時間を変更し、ウェイティングエリアで待機する事を避ける事。

カジノでは、ビンゴで使用するスタンプ(カジノのビンゴゲームでは、数字を消すためにスタンプを使用します)は、自分のスタンパーを持参するか、使い捨てのスタンパーを準備する事。
全てのスロットマシーンやテーブルキオスクは、定期的に消毒。

パーティーでは人との距離は、6フィート開ける事。

礼拝の場所での集会は、人数制限があり。

合唱団や大きな楽器を演奏するアンサンブルは可能な限り避け、ソロを検討する必要があります。
コミュニティープールを運営している従業員は、シフトを開始する前にコロナウイルスの症状についてスクリーニングを受け、ゲストに自分のタオルを提供してもらうことを検討する必要があります。

以上が大まかな、全体のガイドラインです。

詳しく書かれたガイドラインは、こちらをご覧ください↓
■Barbers & cosmetologists→
■Restaurants→
■Gyms→
■Pools→
■Retail→
■Spas/Massage therapy→
■Places of worship→
■Shopping malls→
■Theaters→
■Casinos→

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)によると、今までプール・ホットタブ(ジャグジー)・スパ等の公共エリアでCOVID-19(コロナウイルス)が原因で感染したという事例がないため、プールやスパがリオープンしたそうです。
コロナウイルスについては、まだまだ研究途中な事が多く、手探り状態。
プールでの感染の事例がないのは、今までの季節が冬だった事もあり、プールの季節ではなかったから?...と、私は思うのですが...。
それか、消毒の塩素がコロナウイルスを殺してくれるとか??
我が家のコミュニティーの中にあるプールも、リオープンしてから、かなり混雑しています...
私は、他人と一緒のプールに入る事は現在は避けたいので、当分はプールは入りません。

また、レストランもDine-in (イートイン)サービスが、始まりました。
先日、あるレストランの前を通りがかりましたが、サーバーさんはマスクをしていましたが、マスクをしていない店員さんもちらほら。

ローカルニュースによる、レストランがリオープンした日の映像のスクショ↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、ニュースのウェブサイトに飛びます。

Tempe(テンピ)という街のダウンタウンにある、”Casa”というレストランのルーフトップ↑
州のガイドラインを無視し、かなり人と人が密着して混雑しています

また、同じレストランですが、夜のお店の外は、並んでいる人でごった返していたそうです↓

FullSizeRender
上の写真↑をクリックすると、ニュースのウェブサイトに飛びます。

誰一人マスクをしていないし、6フィート間を開けている人もいません...
この様なレストランは、罰してほしいです。

私たちは、この時期にまだレストランで食事する気分にはなれないので、こちらも当分は”To Go”(持ち帰り)のみで考えています。
この日は、大好きなShimogamoでオンラインオーダー↓

FullSizeRender

日本では、当たり前の様に付けてくれる保冷アイスですが、アリゾナでも付けてくれるレストランがある事にビックリ!! ↓

FullSizeRender

今回注文したのは、サーモンとイクラ丼↓

FullSizeRender

メニューの詳細には、”Sushi rice”としか書いてなかったので、酢飯だったら嫌なので”白いご飯でお願いします”とリクエストしましたが、通常はどちらなんでしょうか?

そして、唐揚げ↓

FullSizeRender

ジャスティンは、カリフォルニアロールとテリヤキチキンを注文していました。
持ち帰りでも美味しくて、大満足!!

こちらがアリゾナ州の、最近の感染者数。

5/12 353人
5/13 480人
5/14 458人
5/15 495人
5/16 498人
5/17 279人

感染人数が減少とは程遠い数で、ロックダウンを解除するには考え難い数字。
全米の中で比較しても、アリゾナ州は感染者はまだ少ないほうです。
ですが、いつ先月のNYの様に感染爆発が起こってもおかしくないと思います。
アリゾナ住民によっては、このロック解除によって、今まで家で自粛していた人達がショッピングや公共施設に行き、コロナウイルスを拡大させる可能性が十分にあるので、私は引き続き外出自粛を続けていこうと思います。

”Act responsibility”
一人一人が責任ある行動をすれば、コロナウイルスの終息に近づき、近い将来日本に一時帰国ができる日、または家族で楽しく旅行ができる日がまた来ると思っています。
早く日本の家族やお友達に会える様、私はもう少しの間、責任ある行動を心がける様に努力したいと思います。

参考:
Ducey releases more guidelines for reopening Arizona economy →
Arizona Ends Stay At Home Order, Provides Additional Guidance To Reopening Businesses→
Tempe restaurant under fire as patrons appear to not follow Governor Ducey's guidelines→

併せて、こちらもご覧ください↓







私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村