毎週末、私の両親と姉家族とFaceTimeをする事が日課になっています。
甥っ子くんや姪っ子ちゃんとおしゃべりする事、家族と顔を見て話す事で、遠い日本で過ごしている姿を見れて、毎回心配が和らぎます。
高齢の両親、そして喘息持ちの姉の事が、本当に心配でなりません...

家族で話す内容は、大体コロナの事になってしまうのですが、日本のレストランは通常営業しているそうで、驚きました。
営業時間を短縮している場所がほとんどだそうですが、普通に店内で食事をできるとか。
(マクドナルド等の一部のファストフードでは、持ち帰りのみの営業になっているそうですね)

いや、これは緊急事態宣言の意味があるのでしょうか?
大手のデパートやショッピングモールでは営業休止の場所もありますが、商店街やスーパーは混雑状態が半端ないとか...
ニトリなんかは、年末並みの混雑が続いているというニュースも見ました。
混雑理由は、

・リモートワークが増えたので、オフィス用の家具が売れる。
・自宅にいる時間が増えて、部屋の模様替えやガーデニング等のDIYをする人が増えた。
・SNSにポストする写真を撮るために、映えるお皿や雑貨を買う人が増えた。

という事らしい...
アメリカ版ニトリのBed Bath & Beyondは、3月下旬から休業中です。
ニトリは食料品を扱っている訳でもないのに、営業している事に驚きます。
日本の100均もかなり混雑している店舗もあり、家族連れで来店している方々もいらっしゃる様で。
驚く事に、営業中のお店は、店内の人数制限もしていないと聞きました。
そんな事情から、現在働いている店員さんが、ストを起こすお店も増えてきているそうです。
経営者側が、従業員をちゃんと守ってあげてほしい...

アメリカ国内では、サンフランシスコが3月16日、1番最初に”Stay at home order”をオーダーされ、 3月19日カリフォルニア全土で発令されました。
私は、3月16日からSelf Quarantine(自己隔離)をし、もうすぐ6週間が経ちます。(アリゾナで”Stay at home order”がリリースされたのは、3月31日です)。
レストランは休業している場所もありますが、営業しているレストランは全て持ち帰りのみの営業に切り替わり、essential business以外のお店やオフィスは、全てクローズしている状態です。

アメリカでは、3/13に緊急事態宣言が発令後、スーパー等の営業しているお店は店内を人数制限し、Social Distancing(人との間を6フィート、約180cmあける)を重視しています。

IMG_4886

お店の外で待つときも、アメリカの大きなカート2つ分開けて待ち、店舗によっては店員さんが毎回カートを消毒、レジの前にはいち早くPlexiglass(アクリル樹脂プラスチックのボード)がインストールされ、キャッシャーの人たちを守る様プロテクトされています↓

IMG_4891

こんな時期にお店で働いてくれる方々には、本当に感謝です。

また、グロッサリースーパーでのオーダーはオンラインで注文し、受け取りは店の前の路肩で受け取れる”Curbside pick up”というサービスがあります。
スーパーだけではなく、レストランもオンラインでオーダーし、Curbside pick upができるので、レストラン側としても、客側にしても嬉しいサービス。
車から降りずに、レストラン注文の受け取りができます↓

FullSizeRender

レストランでのオンラインでのオーダー時、車種や車の色も記入するので、店員さんも分かりやすいです。
日本でも、このサービスが増えてほしいな...

日本での緊急事態宣言が発令されたのは、全7都道府県。

対象地域:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県

4月16日より全国に拡大し、これまでの宣言対象であった7都府県に加え、北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6つの道府県を加えた13都道府県について、新たに”特定警戒都道府県“と位置づけ。

にも関わらず、都心からわざわざ対象地域外のパチンコ屋へ行く人もいるとか...
もう、自分の事しか考えていない行動ですね...
(そこまでパチンコ屋に行きたいのか?!)

また、先日は湘南や鎌倉方面が渋滞に見舞われたというニュースも見ました。

197043

via→



3月のお花見のシーズンでも、かなり混雑の中お花見をしている写真を見ましたが、その後コロナがかなり拡大したというニュースを拝見しました。
これからゴールデンウィークも始まるし、もしかしたら以前からご旅行の予定を立てていた方々もきっといらっしゃいますよね。
沖縄の発着便の予約は、既に6万人を超しているそうです。(ニュース→

一方で...
アメリカ、ジョージア州では4月上旬、適所に避難するよう州全体に命令したと同時に、州のビーチを再開し、ビーチは混雑...
4/27より、レストランでの店内飲食や映画館の営業再開が容認されたそうです。
(ジョージア州の感染者は、現在約23800人。1000人弱の人が亡くなり、毎日の感染者は減ったものの、ここ数日は200人台をキープしていますが、まだ多いですよね...)

ミネソタ、ミシシッピ、コロラド、モンタナ、テネシーの各州も今週、ロックダウンの一部緩和に向けた用意を進め、オクラホマ、アラスカ、サウスカロライナの各州でもすでに制限措置が一部緩和されています。
まだ、早い様な気がします...

見えないウイルスとの戦い。
この時期にゴールデンウィークでの旅行は、感染を拡大させる危険があり、地元の方々にもご迷惑がかかりますので、どうか責任ある行動を!!
自分が無症状病原体保有者かもしれない、大切な家族の事を思えば、乗り越えられると思います。
近い将来、終息する事を祈って、お互いにもう少し外出自粛をがんばっていきましょう。
私も、self-quarantiningを続けていきます‼︎ 

併せて、こちらもご覧ください↓




私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村