以前ブログにもポストしましたが、私とジャスティン、相撲が大好きなんです。
毎場所、アメリカからテレビ観戦して盛り上がっています。

昔は、相撲なんておじいちゃんやおばあちゃんが見るものだなんて決め付けていましたが、日本を離れてから相撲の面白さが理解できました。
日本では、”スー女”という言葉があるぐらい、大流行り。




普段、アメリカでNHKを見ているので、アルファベットで力士の名前で書かれているので、漢字で表記されていると、「あーやって書くんだ?」と新しい発見。
素敵な名前の力士も、いらっしゃるんですよ。
”美の海”(ちゅらのうみ) や、”天空海”(あくあ)とか...
(美の海は、名前の通り沖縄出身の力士です)

お喋りの上手な力士の方々が多いですが、土俵上では真剣。
その真剣な中でも、性格って出るんです。
特に!!
取り組みで行司が「はっけよーい」と言い、「のこった」の前に、立ち合いが合わず、フェイントをしてしまった時。今大人気の炎鵬関(前頭5)は、「ごめんなさい」の意味で何度もお辞儀をする人もいれば(良い人柄が出ています)、フェイントをしてしまった力士を、腕で跳ね除ける力士も結構いるんです。(力士の名前は書きません…)
そんな姿を見た時は、性格悪っ‼︎と思ってしまいます...
(集中していたので、ムカッとくるでしょうけど...)

また、土俵に入ったとき、力士は汗をかくので土俵整備の人から(名前違うかも...)手拭いを受け取りますが、関(前頭16)は必ず手ぬぐいを両手で受け取り、両手で返すんです。
ほとんどの力士が、片手で受け取って片手で返す人ばかりなので、両手でできる輝は、相撲の品格があると思います。
そういう土俵上の態度を見るのも、大相撲の面白い所です。
世間では、横綱白鵬の品格が問われていますよね...

さぁさぁ、前置きが長くなりましたが、令和2年の1月場所3日目に、両国国技館へ行って参りました。

FullSizeRender

2019年の5月場所の両国国技館に引き続き、2回目の相撲観戦です。



前回は、ジャスティンが床には座れないからと、2階席の椅子を取りましたが、今回は「升席でいいよ」とお許しが出たにもかかわらず!!
最速先行も先行発売も抽選に外れてしまい、一般発売日に升席を取ろうと思ったら、発売後1、2分で完売...
結局また2階席となってしまいました...
恐るべし、相撲人気!!

今場所、一月場所は、かなり混乱してます。
横綱白鵬は、3日目で2回黒星が付き、4日目からは休場、鶴竜も4日目までに黒星が3回黒星が付き、5日目から休場し、現在は両横綱不在で行われています。
いよいよ世代交代とも言われているので、横綱白鵬の史上最高の43回優勝も、ここでストップなのでしょうか⁈

てか、前回見に行った場所は、横綱白鵬は怪我で休場中だったので、今回休場する1日前に見れたのはラッキーです。

両国国技館前で、パチリ↓

FullSizeRender

両国国技館をバックに写真を撮るには、2階の玄関からがオススメ。
お昼頃は、誰もいなかったので、撮りやすかったです。

写真パネルは、1階の正面玄関にありますが、「前回撮ったでしょ?」とジャスティンに言われてしまったので、2階の玄関に置いてあった遠藤関と...笑。

FullSizeRender

今回の番付で、小結から前頭に下落してしまいましたが、初日は横綱鶴竜(金星)、2日目は横綱白鵬(金星)、3日目は大関豪栄道を倒し、好調!! と思いきや、後半は成績があまり良くないです...
(⚠︎前頭が横綱を倒す事を、”金星”と言います)
でも遠藤人気は、かなり凄いです。(この前結婚したにも関わらず)

両国国技館に来たら、これがオススメ↓

FullSizeRender

地下1階の大広間で、限定ちゃんこが配られるんです。
前回来たときは、ジャスティンが「ちゃんこが食べられるかわからないから、食べない」と言ってましたが、今回はちゃんこを食べる気満々っ!
(こうやって日本食にトライしてくれるのは、嬉しいです)

私たちは12時前に到着し、ちゃんこの列に並んだのは12時過ぎだったので、20分程並びました。

FullSizeRender

今場所の初日から8日目までは”みそちゃんこ”、9日目から千秋楽までは”カレーちゃんこ”が配られます。

結構厳しくて、お連れ様を後から列に入れるは厳禁、ちゃんこは大広間のみで持ち出し厳禁、アルコールも持ち出し厳禁。
ただ、ドリンクはちゃんこと一緒に販売しています。

大広間の写真↓

FullSizeRender

ちゃんこの値段は、300円!!
最初にお金を払い、ちゃんこを受け取り、好きな席に座ります。

そして、ちゃんこのお味は... ↓

FullSizeRender

めちゃくちゃ美味しい♡
具は、豚肉の薄切り、ゴボウ、大根、人参、ほうれん草、えのき...
具がしっかり(味噌)味が染み込んでいて、体が暖かくなりました。

IMG_2513

ジャスティンも、「オイシイ、オイシイ♪」と喜んでいましたよ。

FullSizeRender

「今度、ちゃんこ作ってね」と言われました笑。

その後は、ジャスティンと力士の出待ち...
前回は1時過ぎから出待ちをしていましたが、今回は2時頃だったので、もうこの混雑っ!! ↓

FullSizeRender

ジャスティンの好きな、高安関(大関から関脇に下落)↓

FullSizeRender

前回5月場所で優勝した、朝乃山関(関脇)↓

FullSizeRender

トランプから優勝カップをもらっていましたね。

イケメン竜電関(前頭)↓

FullSizeRender

最近人気の、石浦関(前頭)↓

FullSizeRender

身長175cmで小柄なんですが、筋肉ムキムキで、体がかなり引き締まってます。
力士にしては、珍しいです。
今月、稽古中に石浦関が他の力士と喧嘩をし、3カ月の報酬減額20%という処分が下されて、話題になりました。(ニュース→

大人気の炎鵬関↓

FullSizeRender

身長が168cmながら、今回は初めての大関戦で、倒しました。

埼玉出身の阿炎関(小結)↓

FullSizeRender

私、阿炎の大ファンです。


FullSizeRender

歴代最高43回優勝の白鵬は、オーラがあります↓

FullSizeRender

横綱土俵入り↓↑
こちらは鶴竜↓

FullSizeRender

照強関の大量の塩には、毎回会場が「うぁ〜」と、ざわつきます↓

FullSizeRender

阿炎関の四股(しこ)は、本当に綺麗に脚が伸びます↓

FullSizeRender

阿炎 x 玉鷲戦での、物言い↓

FullSizeRender

生で観れた事が嬉しい〜♡
結局同時に土俵から出たという結果で、阿炎戦は2度見る事ができましたが、残念ながら負けてしまいました...

最後の白鵬 x 妙義龍戦で、白鵬に黒星が付き、座布団が飛んでます。

FullSizeRender

この座布団が飛ぶ光景も、初めて観れて嬉しかったです。
(「座布団は投げないでください」と何度もアナウンスされていました)

今回も面白かった、相撲観戦。
単純なルールだからこそ、楽しめる。
実際に観に行くと、力士の迫力も半端ないので、是非相撲観してみてください。

FullSizeRender

その際は、美味しい”限定ちゃんこ”もどうぞ。

FullSizeRender


■日本相撲協会のオフィシャルHPは、こちらからどうぞ→

私のYouTubeチャンネルのご登録は、こちらからどうぞ→

毎日の写真は、Instagramのストーリーに載せてますので、よろしかったらフォローをお願いいたします→

登録してみました。
最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓