5月上旬に新しいクラウンを入れてから、
2週間ぐらい物を食べると激痛がして、
ここ最近は、柔らかいものだったら、まあまあ食べられる状態になってました
でも、痛みがすっかりとれた訳ではないので、
ジャスティンが予約を取ってくれて、今日行ってきました
3時の予約だったので、彼はずっと家のオフィスで仕事をしててくれました。
ありがとう

Gilbertの歯医者に着き、歯科助手さんにまたレントゲンを取ってもらい、ドクターを待ちました。
理由を話し、今日はご飯が右側で噛めた事を説明して、レントゲンを見てもらうと...
「歯と歯の間に、新しいクラウンを入れたときに付いたセメントがまだ付いてる」と言って、ずっとガリガリ取ってもらいました
 付いたままになってたの
てか、このセメントを取ってるとき、本当に痛かったです

ドクターによると、そのセメントが、物を噛むときに歯茎に押されて、それで痛みが出てたという説明。
取ってもらった後、綿を挟んで噛んでみても、もう痛くなかったです
(相変わらず、冷たい水は浸みる状態ですが...)
レントゲン写真によると、根管治療はしなくてよさそうですが...
(まだハッキリとはわからず)とりあえず14日間は様子見です。