アメリカに移住して、銀行口座をすぐ開いてもらい、アメリカのクレジットカードを持っていなかった私は、$1000デポジットを預けてSecured card を作ってもらいました。
これでコツコツとクレジットカードを使っては、すぐ支払いをし、数ヶ月後に本当のクレジットカード を作る事ができました。

そのSecured cardを作ってもらったのが2014年の12月。
去年の12月に$1000預けたデポジットが、自動的にsaving accountに返ってきてました。
「きっと1年経ったら自動的に返してくれるんだね~」とジャスティンと喋ってて、
「このSecured cardどうしよう。もう使わないし、閉めたほうがいいよね?」とジャスティンに聞いたら、
「ほかのクレジットカードが使えなかった時のために、一応持っていたら?」と言われ、もう去年の夏ぐらいからこのSecured cardを使ってないけど、とりあえず持ってました。

で、久しぶりに銀行のオンラインで口座のチェックをしていたら、そのSecured cardのアカウントに$39チャージされてて、「なにこれ」って思って、調べてみたら
annual fee(年会費)の請求でした
Secured cardにannual feeがかかるって事、知らなかった
しかも、実際のannual feeは$25で、支払い日が1/31までだったんです。
でも私、全然気が付かなくて、利子が付いて$39になってたんです

ジャスティンも、「annual feeがかかるなんて知らなかった」と言ってて、私も当然知らなかった
そしてジャスティンには「定期的に、オンラインでちゃんと確認しなきゃダメでしょ」と怒られました
ちゃんと説明してよ、銀行の人
てか、この際$39は払えばいいんだから仕方ない。
私の今までの頑張ってきたクレジットヒストリーはどうなるの?
クレジットカードを使ったら、すぐ支払いってやってきてたのに、すべて水の泡

また年末に同じ目に合いたくないので、オンライン上のチャットで質問してみました。
そしたら、そのオンライン上でSecured cardをクローズできるとの事。
電話番号やらSecured cardの下4ケタを質問され、すぐ閉める事ができました
こうゆう所、大好き
しかも振り込んだannual feeは返ってくるらしく、そのプロセスもしてくれてるらしい。
なんだ、refundしてくれるなんて、これまた奇跡。

いらないクレジットカードは、トラブルの元。
シャットダウンするべきですね。


みなさん、Have a nice weekend