コメントやメールで励まして下さった方々、本当にありがとうございます。
昨日、無事退院しました
当日手術するまで、本当に手術してくれるのか心配でしたが、無事決行されました。
 
【手術当日】
 
私の入院先は、アリゾナでは何処にでもあるBannerです。家の近所にある、3年前にできた病院です。だだっ広い何もない所に、何故かどデカイ立派な病院があります。
 
{88D4031A-3F1D-45B4-BE23-D121E27CDF13}
 
{347EC66F-9F92-45B7-AABA-AF0EB6D015C0}
写真はお借りしました。
 
ジャスティンと1階で11:00にチェックインをして、色々サインをさせられ、2階に案内させられました。
 
{D1D32131-1251-4142-8ACB-0A8771077EBA}
写真はお借りしました。
ロビーもホテルみたい

そこで少々待ち、手術が始まるまでの準備の個室に案内させられます。
体を大きなワイプで拭く様に指示され、ピアス・指輪・コンタクトレンズ等、全て外す様に指示されます。(私の耳のボディピアスは2箇所簡単外せないので、その2つは見逃してもらえました) 
血液検査と尿検査。血液検査は、昨晩から食事も水も摂取してなかった為、血管が探せず血だらけに… ここで超不安になる(このオバハン看護師、大丈夫か)。
手術は13時からの予定ですが、少し遅れるとの事。想定内だけどね 私の手術に参加するドクターや看護師全ての人に、名前と誕生日、今日は何のための手術かをしつこいぐらい質問されます。
手術は1時間で終わると案内されました。
 
13時過ぎに、担当ドクターが来てくれ、またリスクを説明され、涙
「これは説明しなきゃいけない事で、22年のキャリアで1度も失敗した事がないから大丈夫。あなたを1人目にはしないから」と言われました。
20年前に5男を妊娠中に同じ手術をしたジャスティンママにも「今はすごいテクノロジーだから、絶対大丈夫‼︎」と元気づけられました。
13時20分頃、看護師に「さー、みんなにサヨナラしてね」と言われ、ジャスティンとママにおデコにキスされバイバイ怖くて泣きながら手術室に行きました。
ここでも、名前と生年月日、何の手術をするのか質問され、それ以降は何も覚えてません。
 
次に目が覚めたときは、部屋に行くエレベーターの中。
ジャスティンと看護師が喋ってる所でした。意識が朦朧としていて目を開けたらめまいがしたので、そのまま目を閉じてました。話してる内容は耳に入ってきたので、手術がうまくいった事をここで知り安心してまた眠りにつきました。
部屋で目が覚めたのは、18時過ぎ。
ジャスティンの家族、妹、みんな来てました。ドクターには名前と生年月日を聞かれ、かなりサバを読んで言ってたらしい… 
手術は3時間半かかり、腫瘍が想像してたより大きかった事、そして柔らか過ぎて取りにくかったので、開腹10センチが15センチになったと言われました。
とりあえず無事に取れてよかったです。
 
{D38AB3B2-9AFA-4C1A-B4AB-86F78640A890}
私と同じ部屋の写真。写真はお借りしました。
 
夜は食事はまだできず、水だけ。痛み止めの点滴をして眠りました。(眠れなかったけど)
 
【2日目】
朝、5時に起こされ、リハビリさせられました。術後まだ12時間しか経ってないのに、「歩くわよ」と看護師に言われ
案の定傷口に激痛が走り、痛くて起き上がれずそして強すぎる痛み止めで貧血を起こし、ベッドの前に立っただけでまた横になりましためちゃくちゃ痛くて、叫びました
泣くとお腹に力が入り、もっと痛くなる事がわかりました
9時頃、また看護師が来てリハビリさせられました。今回もベッドの前で貧血になり、また1歩も歩けず...
ルームサービスで朝食にクリームスープとヨーグルトをオーダー。
 
{EB81B70D-431F-4D94-816B-8CBE3D994F83}
 
クリームスープ、不味くて1口でギブアップジャスティンにも食べさせたら、「こんな不味いスープは今まで飲んだことがない」ってぐらい不味かったです。塩味全くなし。ヨーグルトは甘すぎて1口で無理でした
昼は、カルーテルを取られてしまい、自分でトイレに行く事にこんな歩けない状態で、どうするのか不安になるでも生理現象はやってきます。携帯用のトイレをベッドの隣に運んでもらって、看護師にアシストしてもらって、無事終了。貧血も起こりませんでした。
ついでにドアまで歩いてみました。
 
午後は、ジャスティンママ夫婦、お友達ファミリー、もう一人のお友達、その後はジャスティンパパ夫婦がお見舞いに来てくれました。
 
{FAEFC05E-4A5E-4743-BCA1-44390BDEC6CC}
 
友達ファミリーは、日本食を作ってきてくれて、その日の夕飯は美味しく味噌スープとツナおにぎりとフルーツを頂きました。キュウリのゴマの漬物もさっぱりしてて美味しかったです。
みんな、ありがとう
 
【3日目】
 
朝5時半頃、また看護師によるリハビリ。
今日はロビーの周りを2周できました。でも起き上がるとき寝転がるときは、まだまだ助けが必要ですまだ痛みが走りますが、確実に良くなってきてます。
ドクターが朝、様子を見にきて、今日はシャワーを浴びる様に指示されました。傷口を保護しているテープ以外のガーゼは全て取って良いと言われました。
 
{EB72B258-5414-4A93-9769-27969DE574C2}
 
このスライドドアの向こうにシャワーとトイレがあります。
10時頃、一人でシャワーを浴び、ガウンを着るときは看護師に手伝ってもらいました(まだ腰を曲げられないので)。そんなときに限って、物を落としてしまうというやっぱり腹筋って大切なんですね。
その後に来た看護師に、「もう家帰ったら?」と危なく退院させられる所でしたドクターには「退院は明日かな」と言われてたので、それを彼女に説明。そしたら「家のほうがリラックスできるじゃない?ま、あなたに任せるわ」だって‼︎
思わず、「同じ手術を日本でしたら、10日は最低入院が必要なんだよ」と言ってやった。
こんな歩けない状態で退院させられたら、ジャスティンに迷惑かけちゃうだけだし、しかもまだ一人で起き上がれないし
アメリカ人は、こんな状態で退院させられたら、家でどうするんだろ
今日も美味しい日本食とフルーツを頂きました。
ありがとう
 
{230EB865-3D6C-4A28-9395-60ED81305378}
 
ベジタブルはルームサービス。手が加えられてない食べ物系は、食べられるとわかりました。
 
【4日目】
 
今日はジャスティンと朝リハビリ。
ロビーの周りを2周しました。
ドクターが朝、傷の状態を見に来て、今日退院する事になりました。
アメリカで4日間入院できただけでも奇跡
ジャスティンはシャワーを浴びに家に帰り、私は下剤を入れられ(手術後ウンチはまだ)、トイレへ。
45分以上トイレにスタックしましたアメリカのトイレは高くて足がちゃんと地に着かないから踏ん張れないし、腹筋も力が入れられないし、段々足が痺れてくるし、本当に辛かった このままトイレから出られないかもと思ったぐらい。
丁度看護師もジャスティンもいないときで良かった
11時頃、車椅子で外まで運んでもらって無事退院しました。
病院から家は、車でたった5分の場所ですが、普段見向きもしない地面の低くなった所やバンプが傷に響くので、かなり安全運転で帰ってもらいました。
 
ペットボトルに取り付けられる、100均のミニーちゃんのストローは、やっぱり使えました
 
{D8826CD4-60AA-45CE-9659-0BA4329C1C9E}
 
何人もの看護師さんにも聞かれました。アメリカで売れるかも