今日はいよいよデザインセンターへ。
新しいお家の内装を色々決める日です。
 
前日はですね...
5:45に起きなければならなかったのと、ドキドキし過ぎて全然眠れませんでした。
2時頃まで眠れなくて、眠れたと思ったら、すぐ起きる
結局4時頃から目が覚めてました
普段は早起きは苦手なのに…
 
Tempeにあるデザインセンターの予約は、朝9時から15時まで。
6時間も
私たちがたまに早起きして出掛けるときは、ihopで朝食。
ihopって、たまに行きたくなるんですよね〜。
カプチーノのマグが大き過ぎてビビった
激甘ベリーソースのクレープだったので、ジャスティンからベーコンを頂きました。
 
{804CCB3D-FC64-4FF0-81B9-DBFB22EBBA90}


甘いものだけだと、気持ち悪くなる私

 

8:50頃、デザインセンターに到着。(ジャスティン、いつも10分前行動)

すでにオープンしていたので、少し見学させてもらいました。

 

やっぱり私たちの中の一番重要な所はキッチンだったので、速攻カウンタートップのクオーツの場所へ。

 
{7B056318-1E22-4EBB-83BE-A2D7CD6844AB}


 9時になり、担当者の女性の人が迎えにきました。

「一緒にdream houseを作りましょうね」と言ってくれて、とても良い人でした

 

最初はキッチン関係から。

キャビネットの形、色、床の色、カウンタートップの色を選択。

形は結局、ストレートの42インチにしました。

ジャスティンは最後まで、「スタガータイプのキッチンが欲しい」って家を出るまで言っていたんですけどね。

担当者の方が、「もしモダンなタイプのキッチンが良いんだったら、ストレートがいいですよ」と言ってくれたので、ストレートの42インチにしました。

キャビネットの色は前から決めていた白で、床は長方形のライトグレーに決定。

そして悩んでたカウンタートップの色は、グレード5のクオーツに決めました。

(前回のデザインセンターのブラウジングナイトのブログはこちらから

そして、ガラージドアの前にもキャビネットを置きたいので、そちらも同じ色のマーブル柄のクオーツにしました。

ちなみにカウンタートップのクオーツのグレード5は、キッチンだけで$5000

スタンダードのgraniteの石を選べば、追加料金はなかったんですが、やっぱりgraniteよりクオーツのほうがステインが付きにくいって言うし、クオーツに決めました。

 

写真は時計回りに、キャビネット、カウンタートップ、床の色です↓

 

{039A60E5-598C-40E5-A674-F48D8EF2CA16}

 

壁の色は、ジャスティンには「白はダメ」と言われてたので(白過ぎるから)、ライトグレーを。

床と壁の間のボードと合わせて壁の色を見てみましたが、ボードが手アカで汚れまくっていて、白に見えないという…

 

{33A07709-A849-480B-B5DB-C013B48EAA87}

 

(速攻消毒しました

この写真のボードの厚さはスタンダードになるので、実際はもう少し分厚くなるそうです。

 

次は、タイルの床と床の間のセメントのカラーを決めました。

こんな細かい所まで決めるんですね。

細か過ぎてビックリです

 

{4BC33CD8-AB55-4B4A-8DDC-EF8F618E2F30}

 

このほかにも、床のタイルの並べ方(玄関から見て右から左に並べるか、上から下に並べるか。ずらして並べるかとか)を決めて...

玄関入ってすぐ右側のDenがカーペットのプランになっていたので、フローリングに変更しました。

玄関そばにカーペットのDenとか、アメリカ人は靴を脱がない人が多いのに、無理です

 

マスターベッドルームのバスルームのフロアは「変更できます」と言われたので、マーブル柄のものを選びました。

つるつるのマーブル柄を選んで見積もりしてもらったら、バスルームのフロアだけでなんと$8000

本物のマーブルを選んでしまってました

しかも「つるつるの床は、バスルームは水で滑るので危ないですよ」と担当者に言われたので、彼女がマットな感じのマーブル柄を探してくれたので、それに変更しました。

マットな感じのほうが、滑りにくいらしいです。

担当者が、高いものを売りつける人じゃなくて、本当に良かった〜

 

マスターのバスルームのキャビネットと床のタイルはこんな感じです↓

 

{7A7AA9C6-B146-45C1-8540-9856CE230E2A}

 

続いて、バスルームのタイルとタイルの間のセメントの色を決めて...

 

{8C599755-6525-4A2A-A8D4-9F9CF978AAC3}

 

次はカーペット。

カーペットもライトグレー系が欲しかったので、少しフワフワな眺めのカーペットを選択。

マスターベッドとバスルームのタイルを合わせてみると良い感じでした↓

 

{4555B170-E4A8-4F46-902D-9C1630C6FE1C}

 

そしてカーペットの下にクッションみたいなプロテクションを敷くんですが、それもスタンダードだとぺったんこな感じだったので、弾力のあるプロテクションに変更しました。

 

次はキッチンのキャビネットとカウンタートップの間のバックスプラッシュ。

バックスプラッシュは、値段が高めだったので、DIYでやるつもりだったんですが、「好みなものを選んでくれたら、値段を見積もりします」と担当者に言われたので、一応ジャスティンと決める事に。

グラスの白だけでも、色々な種類があり過ぎて選べない

 

{F8769EC2-041E-4610-ABBD-12EF9FF1DD5F}

 

下の写真では分かりづらいんですが、ガラスの白とクオーツを混ぜた感じのバックスプラッシュで見積もりしてもらいました。

 

写真は上からキッチンキャビネット、バックスプラッシュ、カウンタートップです

 

{F71BA4F2-054C-4538-84E4-D7593945E2C2}

 

値段は$2000ぐらいだったので、バジェット内でできそうだったので、結局お願いしました。

バックスプラッシュをDIYをやるのは難しそうだったし、手間が省けました。

自分の好みのキッチンが出来上がりそうです

 

つづく