この前ブログで書いた通り(そのときのブログはこちらから)、先日Root canal(根幹)治療に行ってきました。
 
当日の朝、下の歯の歯茎に違和感があり、鏡で見てみたら、奥の歯茎の一部が腫れてました。
痛みは全くありませんでしたが、早く予約を入れてもらって、本当に良かったです。
このままほおって置いた場合、もっと腫れていた事になってたと思います
 
根幹治療専門のスペシャリストの歯医者へ、当日は30分ぐらい早めに到着。
コンピューターで名前•連絡先を記入した後、病院でよく聞かれる山ほどある質問内容を聞かれるとは思いませんでした。(アレルギーや今までの手術経験など。全部で10ページぐらい。)
今はすべてコンピューターで、YES•NOなんですね。
とりあえず、早めに到着して良かった〜。
 
部屋に案内され、最初にレントゲン写真。
スペシャリストのドクターが画面上で、どうやって施術を行うか、コンピューターのマウスで色を付けて分かり易く教えてくださいました。
ドクターが、「最初に下の奥歯を治して、気分的に元気があれば上の奥歯を治そう」と言ってくれました。
 
麻酔をしてから、待ってる間は天井に埋め込まれているテレビを見てました。
 
{273386E7-0495-4BFA-AD0B-DD6B7DBD24C3}

写真はお借りしました。

 

しかも番組はなぜかFixer Upper

(私の好きな番組を何故知ってる)

何しろ歯医者が大嫌いな私なので、この番組を見てるだけで、緊張がほぐれました

 

よく医療ドラマで見かける手術で付けるこの器具を装着。(rubber damという名前らしいです)

 

{53C3D368-9817-4449-9F71-93AEA3E82068}

写真はお借りしました。

 

このrubber dam、神経治療など細菌感染が心配な治療な場合に使用するらしいです。

ですが私の下の歯は滑りやすく、何度付けても外れてしまい、結局rubber damを付けずにやりました(これ、輪ゴムみたいなのを歯と歯の間に挟んで止めるんですが、外れる度にカツって音がして、歯が欠けた感じがするのでイヤでした 痛くはないんですが)

 

最初付いてるクラウンを外して、細いドリルで穴を歯に穴を開けて、その後はまた違うドリル(低い音)で根幹内をマイクロスコープを覗きながら治療してくれました。

こんな感じ↓

 

{D3EBB78A-8530-4F96-85CC-3E2788982A84}

写真はお借りしました。

 

日本の普通の歯医者で、マイクロスコープを使った治療なんて見た事がないです。

でも根幹治療をするには、このマイクロスコープを見ながら治療をしないと、完全に治療ができてない事が多いそうです(私がそうでした)

しかも、日本で根幹治療をする場合、最後に消毒を中に詰める作業をしてくれますが、アメリカではそうゆう治療は絶対しないそうです。

ドクター、日本の治療方法に否定はしませんでしたが、あまり良くないらしい

そして日本の医療保険に聞かれたので、「保険は、ほとんどの人が3割負担かな?」って答えたら、「国の負担が多い国は、あまり良い治療をしてくれない所が多いんだよ。イングランドは、全負担でしょ?(そうなんですか)でも歯の治療方法は最悪だよ」

と言ってました。

少し納得できる様な

アメリカの歯医者、高いけど、本当に良い仕事をしてくれます。

クラウンも高いけど、強いし綺麗。

日本みたいに、後になって詰めた歯の中がまた虫歯になってるなんて事、全く聞かないし。

 

そんな話をしている間に、なんだか凄い熱いスティックな様な物で歯の穴に入れられてる感覚がして、1つ目のroot canal治療終了。

最初に外したクラウンはまだ使えるらしく、元に戻してくれました。

去年作ったばかりのクラウンなので、改めて作らなければならないのか、結構心配でした。

 

ドクターに、「2つ目を治療する元気、ある?」

と聞かれたので、2つ目もお願いしました。

2つ目の上の歯のrubber damは、無事装着。

2つ目のほうは、クラウンを取らずに、そのまま穴をドリルで開けて治療だったので、簡単だったみたいです。

 

凄く痛いと周りの人から聞いていたけど、最初の麻酔をする時以外は痛みは全くありませんでした。

しかも、日本だったら何度か通わないといけない根幹治療ですが、1度のvisitで終了。

(今は仮のセメントで穴とクラウンを埋めてあるので、これから通常の歯医者でパーマネントのセメントを付けてもらわなければならないので、厳密に言えば合計2回のvisitです)

 

で、お会計ですが、1本$1195。2本で$2390。

そして保険が聞いて、合計$820でした

噂で、根幹治療は1本$1000すると聞いていたので、ほぼ噂通り

でも保険が利いて、本当に良かったです。

 

帰りに寄ったSprouts。

柿が売ってました。

 

{8EDCDB6A-E5D9-4454-B7BB-D7FF3D33F8FC}

 

”Fuyu Gaki”と書いてありました。

そういえば去年も、この時期に柿が売ってました。

ジャスティン、去年まで柿を食べた事も見た事もなくて「トマトは食べたくない」って言ってたのに、今年は「柿はまだかな?」と気にしてたのが可愛かったです。

 

そして梨まで↓

 

{AFD9B393-04A7-4030-86DA-2D10F30B532A}

 

柿はちょっと高めでしたが、アリゾナに住んでいても、普通のグロッサリーで日本の果物が手に入るのは、本当にありがたいです。

 

{74F0DF34-FB86-406B-87A3-D3D02C4716F1}

 

これから頂くのが楽しみです。