昨日の選挙戦。
 
 
てっきりヒラリー優勢かと思いきや、フタを開けてみてビックリ
アメリカのマップが、トランプの色で真っ赤でした。
これって圧勝
途中で見てられなくなったのと、睡魔が襲ってきたので、結果は朝知りました
 
今回の選挙戦、言い方が悪いですが、目くそ鼻くそ。
どっちもどっち。
でも女性差別的な発言をしたり、移民に対しての態度のトランプだったら、まだヒラリーが良いなと思ってました。
ジャスティンと今朝話をしていて、
「トランプが勝った事は当たり前。アメリカに、ブルーカラーの人たち、どれぐらいいるか知ってる?」と言われました。
 
一般的にホワイトカラーは、”スーツを着て働く労働者”
 (例)専門職・管理職・事務職
ブルーカラーは、”作業服を着て働く労働者”
 (例)工場労働者・肉体労働者・現場作業員=ガテン系
 
を言いますが、社会における階層区分としても使われるそうです。

・「ホワイトカラー」=富裕層・上位中間層
 高い教育水準・高い賃金・安定した雇用

・「ブルーカラー」=下位中間層・貧困層
 低い教育水準・劣悪な賃金・不安定な雇用・その結果としての貧困

 

一番多い中流家庭から、給料の20〜30%の税金を取って、仕事のない人にフードスタンプを配ったり医療を無料にしたり、仕事のない人たちをみんなで助けようみたいなやり方に、アメリカ国民は飽き飽き。

そして仕事のない貧困な人たち、タダで色々ケアしてもらえる事を逆手に、全く仕事を探そうとしない悪循環。

 

ビジネスで成功を納めたビリオネアーのトランプなら、中流クラスのタックスを軽減してくれる事を期待してる人が、沢山いるんでしょうね

だから彼には、根強い支持者がいるんです。

 

でも私たち移民からしたら、これからの移民に対しての対応、そしてこれからの日本との関係がとても気になります。

TPPも離脱する方向(?)なので、きっと日本の経済も混乱するんでしょうか。

(ISISや北朝鮮に対してのトランプ、彼のアグレッシブな性格に期待してますが)

きっとこれからアメリカに留学したい人も、これからはビザが取りにくくなるかも?
そして学校卒業後の1年間働けるプラクティカルトレーニングビザも、もしかしたらなくなってしまうかもしれません。
 
トランプ政権、アメリカのこれからの4年どうなるんでしょうか。
オバマさん、1からちゃんと彼にtake overしてください
 
 
そしてジャスティンが選挙より気にしていた、
Arizona Marijuana Legalization, Proposition 205
あえなくアリゾナは、マリワナリーガルにはなりませんでした
(カリフォルニアは認められたのにね
 
No: 52.14%
YES: 47.86%
 
彼曰く、「アリゾナには、沢山モルモンがいるからだ」と言ってました
既に、医療での使用が認められてるアリゾナですが、合法になるのはどうなんでしょ。
癌などの痛みの緩和に使われる事は良いと思いますが、普通に手に入れられる状況になるなんて、少し怖い気がします。
例えば、「不眠症だ」と言えば、医者から許可が下り、$300を払えば医療用IDカードを簡単に手に入れる事ができるらしいです。
別に合法にならなくても、今の医療目的で使用する方法で、良いんじゃないでしょうか。