11月30日の引っ越しに向けて、冷蔵庫と冷凍庫•パントリーの在庫を使いきる努力をしています。
結局日本で沢山食材を買ってきても、なかなか使わなかったりするんですよね...
重い思いをしてアメリカまで持ってきたのに
 
冷凍庫の中に、すっかり忘れられてたアサリが入っていたので、昨晩はボンゴレビアンコを作りました。
 
{372D7524-BED9-4F80-A04F-CA4B91424066}

 

ジャスティンは、フィッシーなものがあまり好きではないので(シーフードは好きです)、食べられるか少し心配しましたが、「美味しい、美味しい」と言って完食してくれました

 

先月ボンゴレが食べたくて、Sproutsのシーフードコーナーにフレッシュなアサリを買おうと思いましたが、いつ料理するか分からなかったので、シーフードコーナーの前にある冷凍コーナーへ。

そしたら真空冷凍されたアサリを発見

試しに買ってみたのを、忘れてました↓

 

{B778082A-C049-48C4-9440-F2C24CF1D45A}

 

塩抜きもしないで良かったし、冷凍庫からすぐ出して、白ワインかお酒で蒸せばすぐ出来上がり。

ご飯の準備が面倒臭いときに使えると思いました

我が家は冷凍食品はフレンチフライ以外は買わないんですが(美味しい冷凍食品がよくわからないだけです)、このアサリは冷凍食品にしては良かったです。

(フレッシュのアサリのほうが、比べ物にならないぐらい美味しいと思いますが... )

 

 

話は変わって、最近いらない家具をFacebookのローカルガラージセールのページに売り始めたって事は先日のブログにポストしました。(

water cooler、ジャスティンのoffice desk、book shelvesを売ったんですが、book shelvesを安く値段を設定し過ぎてしまって、沢山のofferをmessengerで受け取ったんです

(book shelvesは、私より背が高い物X2台と低い物1台です)

1番最初にofferくれた人にあげたほうが平等かなと思って、最初にメッセージくれた人にコンタクトを取ったんですが、全然英語が通じない(メキシカン男性)

しかも、棚を買う事を相手が少しぐずったので、

「2番目にオファーをくれた人は、次の日の夜に本棚を取りに来たいって人がいるので、いらないなら次の人に譲ります」

って私が言ったら、急に焦りだして、

「じゃー自分は次の日の朝10時に取りに行く」と言い出したんです

朝の10時に取りに来られても、ジャスティンがいないから困るので、

「その時間は、ハズバンドが留守で車に詰め込むヘルプができないから、夕方来てください」

と伝えました。ジャスティンが留守中に、知らない人を家の中にいれるのは気持ち悪いので...

 

次の日朝10時半頃、ピンポーン

ドアの穴から覗いたら、メキシカンらしき男性が立ってるし

居留守しようとしましたが、たまたま隣の家の人も外にいて、話しかけてるし...

しょうがないので、ドアを開けて、

「夕方に本棚を取りにくるんじゃなかった?」って言っても、やっぱり英語通じない

ただ「shelf、shelf」って言うだけ。

ラッキーな事に、3つの本棚は部屋の中ではなくガラージに置いてあったので、ガラージのドアを開けて、ガラージから運んでもらいました(隣人さんも近くに居たし、そのメキシカンの男性は奥さんらしき人と一緒だったし)。

彼らが帰ってから、ジャスティンにこの事を伝えたら、

「そうゆうときは危ないから、ドアを開けないで」って少し怒られました

 

私の家の周辺では、あまり犯罪とかないですが、いつも予防しなくてはいけないんですよね

たまに、平和ボケしてしまう時があるので、気をつけないといけません。