昨日root canal(根幹治療)をまたしてきました。
(前回のroot canalはこちらから
通常の歯医者ではやってくれないので、endodontistというスペシャリストに治療してもらいます。
数ヶ月ぶりにあったドクター「また会いに来てくれたんだね」と冗談を言ってきました。
心配していたお会計、何故か$121という破格の値段
(保険がなかった場合は$1000ぐらい
前回の根幹治療、1本$410x2本で安いと思いましたが、何故今回はこんなに激安になったのかが不明です

話は変わって、新居のトラブル勃発の件。(
セールス担当のSさんと会う前に、最初に私たちが契約した家と同じモデルホームを見学し、キッチン周りがどうなってるのか見に行きました
 
{D1DD317E-B39C-4333-AD49-B3622D1FA73D}

そしたらディスポーサーのボタンの隣に、意味のわからない器具で埋めてある?し
 
{5E83C10C-90DA-4267-B75D-2F3E4715CB22}

こっちのタイルも結局間違えて掘ってしまったんでしょうね、タイル職人さん。

その後Sさんに、
•タイルの穴が多い事
•ガラージ前のキャビネットの板がクオーツのNew carraraではなくスタンダードの物だった事
•そしてキャビネットのノブが何ヶ所か水平じゃない事
を伝えました。
 
{437B91C9-10D6-4B66-98B7-C23D297DE640}
 
左から、フィルター水、蛇口、ディスポーサーのボタン。
実際は一番右の穴がない(ハズ)
 
 
{7965354F-EDC9-49B8-BBBC-FDB44B45C304}
 
担当者のセールスのSさん、「もう、毎回毎回参っちゃうよ… 」とお手上げ状態
現に、私達がオフィスでSさんと喋ってるときも「言った通りと違うじゃないか」とめちゃくちゃ怒って現れた人もいました。
セールスの人に怒っても仕方ないのに
私達は、引っ越すまでにちゃんと建ててくれれば良いので怒りはしませんでしたけど、間に入ってるセールスの人は、可哀想ですね...
 
で、キッチンのフォセット(蛇口)ですが、私達は水を出す所が下の写真の様に一体になってるものだと思ってました。
 
 
{17790C9E-13E3-4846-AFFE-E6C62F567CBF}
 
ですがSさんが調べた所、私達の家のフォセットは蛇口と水を出す部分が別れてる事が判明↓
 
{D4035EB0-E219-4E23-9903-2B5EDBFE0957}
 
って事は、フォセット部分には、2つ穴がなくてはいけなかったんです
デザインセンターでシンクの穴の場所をオーダーしたときから、根本的に間違えてた
 
担当者Sさんは次の日に連絡をくれ、
・アイランドキッチンのトップを最初から作り直す。(ビルダーは、タイル業者に頼んでるだけなので、ビルダー側にはお金の負担がかからないこれ、結構心配でした)
・ホールウェイのキャビネットのトップは、キッチンと同じnew carraraに速攻オーダー。
・水平になってなかったキッチンキャビネットのノブは、(水平になっていない所、全て)新しいキャビネットから再オーダーし、新しいノブを付ける。(ビルダーが雇っている他社の大工さんなので、厳しく注意してくれたみたいです)
 
と、Sさんが次の日には全て解決してくれました。
そして心配していた引っ越しの日も、ずれずにそのままでOK
(これ、本当に心配だったんです)
 
でも私達、new carraraをまた再オーダーって、勿体無いよね?だってこのクオーツ、高いし…
他の方法はないか考えてたら、ジャスティンの友達が、「余分の穴の所をdish soupにしたら?」と案を出してくれました。こんな感じの↓
 
{01DD33FB-D52D-433B-B254-5FBCACC627B5}
 
実はデザインセンターの時に、dish soupを付けられる事を説明されましたが、値段が高いので却下したんです
余分に開けられた穴をdish soupを付けてもらえれば、新しいカウンタートップも作らないで済むし、タイル会社のお金も時間もセーブできるし、一石二鳥
早速Sさんに相談したら、タダでお揃いのbrushed nickelの色で取り付けてくれると言ってくれました。
そして、フォセットのもう一つ開けなければならない穴は、持ち運び可能の機械でドリルできるらしく、カウンターを取り外さなくても大丈夫と言われました。
とりあえず一安心
 
 
前回ブログに書き忘れましたが、タイル部分の床は全て敷かれてました。
 
{E605A92B-0867-43EF-8656-73384D0F5049}
 
端っこなので、小さく切られたタイルしか見れませんでしたが、なかなか良いライトグレーです。
汚れない様に、まだ紙で覆われてます。
 
マスターベッドルームのバスルームのタイルも敷かれてました。
 
{AFE103DF-B659-42F9-AF7A-7FDA9AFA982C}

こちらも端っこなので、小さいタイルですが… 
マットなクオーツマーブル、良い感じです。
ツルツルなクオーツマーブルは、足が濡れていると滑りやすいそうです。
 
次回見に行ったら、バックスプラッシュも付けられてるかな?
ちなみに私が選んだバックスプラッシュは、こちら↓
 
{B14BC5BF-4478-4A17-A8A2-E4DD479856CA}
 
このバックスプラッシュは白いので、油が飛び跳ねそう...
心配なので、こんな感じのガラスのバックスプラッシュガードを買えないか検索中です↓
 
{61F991FF-33E6-4BA0-8CD4-5C0A0A2FE665}
写真はお借りしました。
 
日本だったら、こうゆうの普通にデザインセンターみたいな所にありそうですが、私達のデザインセンターにはなかったんです
Fixer Upperでは、結構取り付けてあるんですけどね。
LOWESやHOME DEPOTにはないんです(たぶん
こうゆうの、どこで売ってるんでしょ。
でもジャスティン、このガラスのガードはバックスプラッシュが隠れてしまうから、好きじゃないみたいなんですけど… 
変なアルミを(料理する時だけ)立て掛けるより、ガラスガードの方が絶対良いと思うんですけどね...