日本では、カタカナ英語を使っているのに、通じない英語が沢山あります。
その名も、Japanglish

FullSizeRender

それを欧米人に言っても、なかなか通じなかったなんて経験もあるんではないでしょうか。
発音が違うのかと思って、頑張って伝えても、実は単語自体が違ったなんて事も。

そもそも和製英語とは何?
英語なのに、日本風にアレンジされ、人工的に作られたもの。
和製英語には、

・短縮され、略した英語。
・2単語がくっついた英語。
・日本では、別の意味で使われている英語。
・英語ではない単語。

があります。
短縮された英語って、日本には沢山ありますよね。日本人って、何でも短縮させるのが多い気がします。人の名前も含めて。(キムタクとかね

前回は、”危険な英語”をポストしましたが(”使わないほうが良い、危険な英語”)、今回は海外では通じない和製英語をポストしたいと思います。
(アメリカ英語のみ)

FullSizeRender

まずは...
短縮された英語

エアコン(クーラー):アメリカではair conditionerA/C(エーシー)で通じます。

アパート:アメリカではApartment、またはCondoを使います。また、英語のマンション(mansion)は、”大豪邸、大邸宅”を指すので、「自分はマンションに住んでいる」なんて言わないでくださいね。

パソコンPersonal Computerですが、PC(ピーシー)というだけで通じます。ノート型の場合はlaptop computer、デスク型の場合はDesk top computerと言います。

ミス(間違い):Mistake。*make a mistake

ファックスfacsimile。ファックスですと”Fucks”と聞こえてしまうので、危険 最近はemailのPDFで送るので、ファックスは使わないのかな?


英語と和製英語では全く違う単語になっている英語(これは超沢山あります)

ホチキスStapler。針はSptaple(s)
ゴム:rubber。輪ゴムはrubber band(s)
ダンボールcardboard
セロテープscotch tape
コンセントoutlet、または配線業者の人はreceptacleを使う。
ペットボトルplastic bottle
ビニール袋plastic bag
アナログレコードvinyl record(ヴァイナルレコードと発音します。ビニールではありません)
ワンピースdress。ドレスと言うと、パーティードレスを思い浮かべてしまいますが、普通のワンピもDressでOK。
マニキュアnail polish
フットネイルpedicure(ペディキュア)。pedi(ペディ)だけで通じます。
カンニングcheat。浮気の事も、cheat”cunning”はズルさ、悪知恵等を指します。
パンフレットbrochure
ウイルスvirus(ヴァイラス)
ミキサーblender
ミンチ肉、ひき肉ground beefground chickenground pork。日本語のミンチを表すmince(ミンス)は、minced garlic、minced gingerなどの細かく刻んだものを指します。
フライドポテトfrench fries
パンbread
シュークリームcream puff
プリンpudding
バイキングbuffet(バッフェ)
レジcashiercash register
・(ホテルの)フロントreception desk
クレーム:苦情を言うクレームは、complaint(コンプレイン)。claimの本来の意味は、法律上などの”強く主張する事”を指します。
ドキュメント:日本ではテレビや映画でドキュメント番組を指しますが、実際の”document”は”書類”の事を言います。
・(車の)ハンドルsteering wheel
ウインカーblinker。(イギリス英語ではwinker)
フロントガラスwindshield
バックミラーrearview mirror
ナンバープレートlicense plate
・(タイヤの)パンクflat tire
クラクションhorn。honk a car hornでクラクションを鳴らす。

ファーストフード:アメリカでは、Fast food(ファストフード)。ファーストではありません。

2つの単語がくっついた英語

サラリーマン(salary(給料)+ man(男):”salary worker”。(年俸制)
ちなみに、時間給でお給料をもらっている人は、”hourly worker”。アメリカでは、時給でもらっているfull timeで働いている人も多いです。パートさんの様なアルバイトは、”part-time job”。

OL(office + lady):”office worker”。

キャンピングカー(camping + car):”Recreational Vehicle”。”RV”と略して使えます。

ブラインドタッチ(blind + touch):”memory typing”。(blindは目の見えない人の事を言うので、気をつけてください)

テイクアウト(take + out):”to go”。

マイナスイオン(minus + ion):”negative ion”。ちなみに、気温を言うときは、”マイナス〇〇(数字)”ではなく、negative〇〇 degreesといいます。が、気温はアメリカでは摂氏(Celsius)ではなく華氏(Fahrenheit)を使うので、あまりネガティブ〇〇度は使いません。

ショルダーバッグ(shoulder + bag):”cross body bag”。

ベビーカー(baby + car):”stroller”。

モーニングコール(morning + call):”wake up call”。

英語ではない単語


アルバイト(Arbeit):ドイツ語で”仕事”の意味。先程も書きましたが、アメリカでのバイトは、”part-time job”。


マロン(marron):フランス語。アメリカでは、”chestnut”と言います。

オードブル(hors d’oeuvre):フランス語。英語では、”appetizer”。

コンソメ(consommé ):フランス語。英語では”stock”。チキンコンソメは”chicken stock”、ビーフコンソメは”beef stock”と言います。

ランドセル(ransel):オランダ語。アメリカにはランドセルがなく、(school )backpack

リュックサック(Rucksack):ドイツ語。英語ではbackpack

おまけ
ニート”:最近の言葉で、仕事も何もしていない人の事を、日本語で”ニート”と表現します。
ニートとは、もともとNEET と書き、Not in Education, Employment or Training の頭文字をそれぞれ取ったものだそうで、元々イギリスの政府機関で使用された言葉が始まりの様です。
米語でニートに当たる言葉は、”moocher”とかでしょうか。 ”mooch”というのは動詞で「ふらつく・(金銭、食べ物などを) せびる・せしめる・たかる」の意味です。
”NEET”というのは、「働く事ができ、金銭的にもその他の面でも自分の世話のできるいい大人 (例え未成年であっても) が仕事探しもせず、学校にも行かず、親に全面的に養ってもらい、その上世話までしてもらっている」というイギリスの言語の様です。


こう見ると、日本語って色々な外国の単語を取り入れている国なんですね。
英語の様に見えて、実は通じない和製英語。
最初に広めた人が、ちゃんとした英語にしてくれたら良かったのに…なんて思ったり
英語を喋る機会がありましたら、皆さん是非気をつけて使ってみてください



登録してみました。最後にポチっとお願いします↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村


LINEで読者登録ができます↓