ただいま日本滞在中です。
日本に来る前に、アメリカで写真を撮っておいたものをポストします。


日本帰国前に、ネイルを新しくしました。
今回は、ターコイズネイル

FullSizeRender

人差し指と薬指は、フレンチネイルにしました。

(簡単フレンチネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

夏といえば、ターコイズというイメージ
こちらも、大理石ネイルの応用です。

(大理石ネイルのやり方は、こちらからどうぞ)

ターコイズ柄は凄く簡単なので、是非やってみてください。
指モデルを使って、またやり方を説明させて頂きます。

プリパレーションをして、ベースジェルネイルを塗って硬化した所からスタート。
まずは、ベースのカラーになるターコイズ色のジェルネイルを塗り硬化。
2度塗りして、また硬化。

FullSizeRender

トレイに、ターコイズカラー&白(白のほうがターコイズより多め)、黒を準備↓

FullSizeRender

ターコイズカラーと白を、気泡が出ない様にゆっくり混ぜます。

FullSizeRender

まだらなほうが奥行きが出るので、しっかり混ぜなくてOK
ベースコートを薄く塗り(硬化はしません)、ミックスした白とターコイズを、混ぜた筆で薄めにチョンチョンと付けます↓

FullSizeRender

仮硬化(私のライトでは10秒ぐらい)。

トレイに出しておいた黒色のジェルネイルで、今度は細いブラシで白の上に細いラインを描いていきます↓

FullSizeRender

真っ直ぐな線でなく、ガタガタのラインのほうが、ターコイズの柄っぽく見えます
また、短い線より長めの線のほうが、上手く見えます。

アルコールを含ませた綺麗な筆で、黒い線をぼかしていき↓

FullSizeRender

仮硬化。
また細筆で黒いラインを描いて、濃い色と薄い黒色の強弱を付けて奥行きを見せながら、またアルコールを含ませた筆でぼやかしていくの繰り返しをし、仮硬化。

FullSizeRender

バランスを見ながら、自分の納得いく柄になったら、通常に硬化。

FullSizeRender

ネイルパーツをつけたい場合は、乗せたい所にベースコートジェルを薄く塗り(糊代わり)、パーツを置いて仮硬化すれば、パーツが硬化時に動いてしまう事を防ぐ事ができます
しっかりトップコートを塗って、通常硬化し、未硬化ジェルネイルをアルコール液(“万能アルコールスプレー”の記事は、こちらから)を含めたコットンで拭き取ったら、出来上がり↓

FullSizeRender

ターコイズのネイルパーツは、セリアで購入したものです。

FullSizeRender

アリゾナは、夏が10カ月ぐらい長いので、ほぼいつでもできますが、日本では今の夏の時期しかできないので、是非やってみてください


”セルフネイル♡”のカテゴリーは、こちらから

LINEで読者登録ができます↓